トップ 電子機器・電子部品ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

電子機器・電子部品ガイド電子機器のあれこれ > デジタルカメラ

デジタルカメラ

デジタルカメラの画像

発売以来、あっという間に各家庭に普及したデジタルカメラ。自由にあまり枚数も気にせず、気軽に撮れるデジタルカメラは人々のライフスタイルを変えた商品のひとつです。今や、カメラは、カメラ店で購入するものではなく、家電店で購入するものになりました。また従来からある有名カメラメーカーに代わって、多くの電子機器メーカーがデジタルカメラの分野に参入しています。それはとりもなおさず、デジタルカメラが電子機器であるからこそなのです。

従来のフィルムの写真の仕組みを簡単に説明すると、カメラのシャッターを押すことによって、カメラ内に光が入り、フィルムに塗られた物質が、光に当たった程度などによって、化学反応を起こします。このことによって、美しく、滑らかな画像がフィルムに写し取られたのです。この基本的な仕組みはデジタルカメラでも同じです。被写体から飛んでくる光を、レンズを通して集め、像を結ばせます。

デジタルカメラの場合、フィルムの代わりになるのが映像素子と呼ばれるものです。現在のデジタルカメラでは、映像素子として「CCD」と呼ばれるものが使われています。そのデジタルカメラがどれくらい綺麗な写真を撮れるかは、そのCCDの細かさと大きさによって決まります。従来のカラーフィルムの場合、それぞれの色の光に反応する物質が重なった層である構造になっていました。

カラーCCDの場合には、赤・青・緑のそれぞれの光にだけ反応する点が順序よく並べられています。このそれぞれの点が「画素」と呼ばれるものです。これだけだと、デジタルカメラで撮った映像は、赤・青・緑の小さな点の集合にしかなりません。しかし、青く反応している画素の横は赤か緑に反応しています。つまり隣の画素がどんなふうに反応しているかを知れば、3つの画素で何色になるかを決めることができるわけです。

全部の画素が隣の情報を見て自分の色を決めているのです。ですから画素数が多いほど複雑な色が作り出せることになるわけです。これがデジタルカメラの仕組みです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


電子機器・電子部品ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 生活に欠かせない電子機器

自宅にも職場にも電子機器はあふれています。朝起きたら、時計代わりにテレビをつける方は多いでしょう。テレビは、できた当初から電子工学の技術を利用した製品ですが、今や、フルハイビジョン放送を受信し、なかには立体映像を再現するテレビも現れています。こうした成果も電子工学の発展によってもたらされたものです。 そして毎日の生活に決して欠かせないものとなり、現在では老若男女を問わず、持たない人を探すほうが難しくなった携帯電話。日本の携帯電話は世界的に見ても、多機能で非常に優れた性能を持

電子機器・電子部品ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。