トップ 電子機器・電子部品ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

電子機器・電子部品ガイド電子機器のあれこれ > 携帯電話

携帯電話

携帯電話の画像

家を出るときに、財布は忘れても取りに帰らないけれど、携帯電話は必ず取りに帰る、そう言われても違和感が全くないほど、携帯電話は誰にとっても必需品となりました。最初期の携帯電話はもちろん電話をするための道具だったのですが、そこはコンパクトさを保ちながら、高機能にするのがとても得意な日本人のこと、次々に発表される携帯電話の新製品はどんどん高機能になり、しかもそれがコンパクトな筐体に収まるとともに、ごくシンプルな使い勝手の良さを保っているのです。

そして携帯電話はインターネットにつながることによってより高度なものに進化していきます。今や、多くの携帯電話が1センチに満たない厚さで、ある部分、パソコンと遜色ない機能を持つようになっています。さらにはかつてのハンドヘルドコンピューターの概念を具現化したような新世代の携帯電話も現れ、携帯電話は、次にどんな製品がでてくるのか、多くの人をわくわくさせる商品のひとつとなっています。

このように携帯電話が進歩してきた次々と技術開発が行われてきた結果です。電子工学の成果が活かされていることはいうまでもありません。皆さんは携帯電話をどのように利用しているでしょうか。電話としてはもちろん、メールをやりとりし、音楽を聴き、テレビや各種の映像を楽しむ、そんな風に人それぞれの利用の仕方をしているのではありませんか?

あるいは財布代わりに利用できる携帯電話やインターネットと連動してお店で様々なクーポン券を使えるサービスなどもあります。また高度なデジタルカメラ機能を持つものも珍しくはありませんし、動画を撮ることも可能です。あのコンパクトな携帯電話がなぜこれほどまでに様々な機能を持つことができるのでしょうか。

それは携帯電話の基盤や携帯電話をコントロールするチップに秘密があります。そしてそれはまさに電子工学の成果なのです。世界中で携帯電話が売れるのと同時に、その部品である電子部品も販売されていきます。携帯電話の高機能性を支えているのは、まさにそうした電子工学によって生まれた部品群なのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


電子機器・電子部品ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 機構部品

電子部品のなかには、機構部品と呼ばれる部品もあります。この部品は、電子回路に用いられるのですが、電気的な役割はそれほど果たさないという面白い部品です。なかには、機構部品であるアルミケースに電磁シールドの役割が課されているような場合もあります。 機構部品の典型的なものには、「スイッチ」、「コネクタ」、「ケース」、「可動部」、「飾り」などがあります。これらの名称を聞けば、何となく、こういうものが機構部品なのかということが分かるのではないでしょうか? 典型的な機構部品の一つである

電子機器・電子部品ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。