トップ 電子機器・電子部品ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

電子機器・電子部品ガイド電子部品とは? > 受動部品

受動部品

受動部品の画像

能動部品と並ぶ電子部品が受動部品です。受動部品は供給された電力を消費・蓄積・放出します。能動と受動という言葉が示す通り、能動部品と対になる働きをする電子部品です。受動部品は、外部からの指示によって入出力の結果が決まるのではなくて、部品の性質によってそれが決まります。

受動部品は回路上に共振回路を構成して特定の周波数を抜き出す、あるいはノイズを除去する、入出力のレベル合わせなどを行うといった重要な役割を果たしています。コンデンサ、抵抗、コイルといったものが受動部品の代表です。ところで、電子部品によっては、能動部品か、受動部品か、見解の分かれる部品もあります。

先に例に挙げたコンデンサ、抵抗、コイルなどは、間違いなく受動部品なのですが、ダイオードなどは、どちらに分類されるかが微妙な電子部品です。ダイオードは、外部の電源を必要とする部品ではありません。またエネルギーを供給したり、増幅したりする部品でもありません。ですからダイオードを能動部品と呼ぶには抵抗のある人もいるのでしょう。なにしろ、能動部品の最も標準的な定義にあてはまらないのですから。

しかし、ダイオードはトランジスタとは非常に似通った部品であり、トランジスタは典型的な能動部品です。そもそもダイオードが生まれたのは能動部品としての役目を果たすためです。ダイオードを実際に使う時には、信号とは別にバイアスをかけると称して電圧をかけることもあります。その部分をとらえると、ダイオードは外部の電源を必要とする部品であるともいえます。またエネルギーを供給して信号を強くするという働きもあります。

これらのことからいえば、ダイオードは能動部品であるといえるでしょう。また電池や電源もあえて言えば、能動部品とも受動部品ともいえるものです。これらは、外部の電源を必要としないと考えれば受動部品といえますし、エネルギーを供給すると考えれば能動部品であるということができるわけです。それでは次に、典型的な受動部品であるコンデンサやコイルについて少し説明することとしましょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


電子機器・電子部品ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 震災の影響

平成23年3月、東日本を未曾有の大震災が襲いました。東北沿岸部は、まさに壊滅的とも言える被害状況となり、ライフラインは寸断、東北に多くあった各種の工場も大きな被害に遭いました。東北の工場の操業がストップしたために、ドイツの自動車メーカーの―生産ラインが一時ストップするなど、経済の構造やモノづくりの分担が実際にグローバル化していることを実感した方も多いのではないでしょうか? 震災の影響は相当に強いダメージを日本経済に与えています。消費不況からやっと脱するかと思われた矢先の大震

電子機器・電子部品ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。